家庭画報が選んだ山形・庄内の滋味 家庭画報のとちの実かりんとう 一度食べたらはまる美味!

  • 1袋150g×8袋
  • 賞味期間:常温保存180日間
  • 製造地:山形県
  • 原材料:小麦粉、砂糖、とちの実(山形県産)、卵(国産)、植物性油脂(原材料の一部に大豆を含む)

山形・庄内の滋味「とちの実」

食の都・庄内"で作られる歴史ある郷土の味覚

「とちの実かりんとう」の故郷・庄内地方は山形県西部の日本海に面した地域。
庄内の南東側は信仰の山、出羽三山(羽黒山、月山、湯殿山)がそびえます。
その南西側、朝日連峰を源流に朝日地区を流れる大鳥川に沿った地域がとちの実採集の中心です。

「家庭画報のとちの実かりんとう」の製造元「大福城」は鶴岡市街の南、赤川の近くにあります。
社長の小泉清助さんによれば、とちの実は縄文時代から食用にされたことが、近年の庄内地方の縄文遺跡の発掘で立証されました。
とちの実はでんぷんやたんぱく質を多く含むものの、食用にするには渋抜きが不可欠で、労力や時間、高度な技術が必要です。
しかし天日乾燥するときわめて長期間食用に保存できるので、救荒食として貴重でした。
こうした役目は終えたものの、今でも鶴岡ではお正月にとち餅を搗いたり、餡入りとち餅をおやつにするなど、大切な郷土の味覚です。

羽黒山の五重塔は平 将門が創建したと伝えられる国宝

とちの実を知っていますか?

とちの木は5月〜6月に穂状の白から淡い紅色の花を樹全体に咲かせ、新緑の山をにぎやかに彩ります。
夏の終わりから秋になると、黄緑色から茶色に熟し、大きさが5〜6mmほどに成長した厚い果皮が三裂し、中の種子=とちの実が顔を出します。

とちの木は大木になり、高さ25m、幹の直径1mを超えるものも少なくない

小さな塔のようなとちの花

このとちの実は、見た目が栗と非常によく似ていますが、栗より色が濃く光沢があり、コロコロとした愛嬌のある実です。
ただし、見た目は栗そっくりですが味はまったく違い、茹でてもすぐには食べられません。
とちの実は、サポニンやアロイン、タンニン(ポリフェノールの一種)を多く含み、そのまま食すと非常に強いあくがあり、 あく抜き作業をしないと渋みや苦味で舌がビリビリとなり、口にすることができないのです。

トチノキ属が分布する世界各地の中でも、あく抜きをして実を食す文化を持つのは日本だけです。
このあく抜き作業には高度な技術と根気が必要で、非常に手間がかかるからです。

試行錯誤から生まれた、独特の風味

とちの実を加えたかりんとうを試行錯誤しながら製品化したのは10年ほど前。
「噛むとパリッと歯ごたえよく割れて、口の中でとちの実の風味がふわっと広がり、溶けると独特なサラサラとした粒子の舌ざわりが楽しめます」。
砂糖衣をかぶせない、ほんのりとした甘さなので、一枚食べると後をひき、ついつい一袋空けてしまいます。
「ビールのおつまみにもいいですよ」と小泉さんは最後にそっと教えてくれました。

おいしい「家庭画報のとちの実かりんとう」を開発し、製造する鶴岡市の大福城の社長・小泉清助さんと、かりんとう製造担当の伊藤光子さん。

「とちの実かりんとう」を作る -匠がこだわる本物の歯ごたえと風味-

とちの実のあくは非常に強く、そのまま食用にすることはできません。
そこであく抜きをする必要があるのですが、これにはたいへんな手間がかかり、かつ高度な技術と根気が必要な作業です。
また、このあく抜きの仕方によって、とちの実特有の風味の残り具合が変わってきます。 トチノキ属が分布する世界各地の中でもあく抜きをして実を食す文化を持つのは日本だけです。

代々とちの実を扱ってきた鶴岡市朝日地区の菅原さん夫婦が、きれいな水、上質な灰汁を使って熟練した温度管理とタイミングであく抜きしたとちの実。
「家庭画報のとちの実かりんとう」にはこれだけを使用し、大福城では伊藤さんが通しで作業し、ていねいに手作りしています。

とちの実のあく抜き

  • とちの実を清流に3昼夜浸けて虫や汚れを取り、1か月天日乾燥させる。

  • 手作りの木製の殻むき器でひとつひとつ殻を取って3昼夜清流に浸ける。

  • 木灰と水をこねた灰汁に、とちの実を混ぜ合わせ、約1週間ねかせる。

  • あく抜きの程度を見計らい、水できれいに灰汁を洗い流したとちの実。

かりんとうを作る

  • 小麦粉、砂糖、卵、粉砕した4のとちの実を30分こねて生地を作る。

  • ゆっくりと回転する鉄製ローラーの間に生地を通して延ばしていく。

  • 90センチの長さに延ばした生地を20枚重ねて等分にカットする。

  • まず高温の油で5〜6分、隣の低温の油で2〜3分、二度揚げする。

一度食べたら'はまる'おいしさ まんず食べてみでくれの

匠が作り出す 本物の歯ごたえと風味をお楽しみください

 
  • 家庭画報のとちの実かりんとう
  • 4,104円(税込)
  • 1袋150g×8袋
  • 賞味期間:常温保存180日間
  • 製造地:山形県
  • 原材料:小麦粉、砂糖、とちの実(山形県産)、卵(国産)、植物性油脂(原材料の一部に大豆を含む)
  • ご注文はこちら