バイヤーのひとり言 | 食いしん坊の休日 その1〜原宿・新代田へ〜

前のページに戻る

バイヤーのひとり言

食いしん坊の休日 その1〜原宿・新代田へ〜

  • 2017/04/12

休日はいろいろとお出かけをすることが好きなわたし。
美術館をはしごしたり、お芝居やライブを見に行ったり。でも実は、その目的地の近くで食べるご飯もとっても楽しみなのです。

先日、原宿から渋谷にかけて美術館巡りをしたのですが、この日は日本画を見て回る予定だったので、おなかは逆にアメリカンな気分でした。
JRの原宿駅と地下鉄の北参道駅に向かって、どこでランチしようかなぁ、と考えながら歩くこと数分。ハンバーガーとホットドッグ、パンケーキが人気の「サンフランシスコ・ピークス」へ入ることに。
アメリカンな雰囲気の開放的な店内で、ミントの入ったレモネードを飲みながらハンバーガーをほおばります。

サンフランシスコ・ピークスのパイナップルチーズバーガー。意外にもぺろっといけます。

アボカドやマッシュルーム、ベーコンなど、どれも捨てがたかったのですが、大好きなパイナップルがのったグリルドパイナップルバーガーにチーズをトッピング。ジューシーなパティにとろーり溶けたチーズと甘酸っぱいパイナップルが、もう最高です!
好き嫌いは分かれるかもしれませんが、わたしは、ハンバーガーにパイナップルの組み合わせが大好きで、あれば必ずと言っていいほど注文します。フレンチフライもたっぷり。
おいしいハンバーガーとゆったり流れるお店の空気にリラックスできたので、じっくり日本画を見ることができました。

美術館に行くとつい買ってしまうポストカードたち。お便りを書きたくなります。

その翌週は、ライブを観に世田谷区の新代田へ。わいわいとした空間で大音量の音楽を聴くことで、気持ちがとてもリフレッシュできます。
新代田は京王井の頭線にある、さほど大きくはない駅なのですが、おいしいお店はちゃんとあります。近隣の下北沢駅や世田谷代田駅へも歩いて行けるので、半径800mの美味が充実している街だなぁと、行くたびに思います。
この日は本当にわいわいとライブを観て、程よく汗もかいたので、ラーメン屋さんへ直行。 向かうは環七沿いの「麺通」。背油醤油らーめんが得意なお店で、がっつり系ではあるのですが、野菜トッピングや細麺、麺半分など、女性がうれしいポイントもそこここに見受けられます(わたしは太麺をどっちゃり食べてしまいますが……)。
ここでのわたしの定番は「背油醤油+野菜」か「汁なし+野菜」の2つなのですが、この日はよく動いたこともあり、たくさん食べたかったので「汁なし+野菜」を1.5玉の中盛で注文しました。待つこと数分で到着。

麺通の汁なしらーめん+野菜。太麺をわしわし食べるのですが、実は繊細なおいしさ。

麺通の汁なしらーめんは、何がいいって、タレと麺が最初から混ざっているのです!
混ぜ混ぜするのを楽しみたい、という方もいらっしゃると思いますが、わたしはプロにお任せしたい派。混ぜムラとかもないので、とてもいいです。
しっかりとした太麺に、タレがよーく絡んで、それでいて油っこすぎることもなく、わしわしと食べ進めます。途中で、店員さんに高菜をもらって投入するのですが、この高菜がものすごく辛くて、味変にはぴったり。お水も飲まずに完食です。
ライブを観た充実感に加えて、おなかの充実感もかなりのもの。幸せ気分の帰り道です。

次のお休みはどこに行こうか、そして、どんなご飯を食べようか……そう考えている時間が本当に幸せです。カタログを見て「何を食べようかな?」と考える時間にも似ていると思います。
お客様にもそんな「何を食べようかな?」というワクワクをお届けできるようなお仕事をしよう!と、改めて決意した週末なのでした。

バイヤー松田 智華

「家庭画報のデリシャス宅配便」に熱烈な愛情を注ぐ食品担当。
パイナップルが大好きな晴れ女、でも超インドア派。
ラーメンにはたまご、カレーにはチーズをトッピングします。
美味しさと楽しさをお届けするために日々奮闘中!

読みもの一覧へ