食べてほしい!この逸品 | 北海道発、半解凍で食べるトマトゼリー

前のページに戻る

食べてほしい!この逸品

北海道発、半解凍で食べるトマトゼリー

  • 2017/07/21

一口でイメージが変わるかも! 甘くて爽やかなおいしさのても甘いトマトゼリーをご紹介します。

このゼリーは、北海道産の桃太郎トマトに、同じく北海道産のりんご果汁を加えています。トマト本来の甘みと少し青い香りがりんごの甘さでふんわりと引き立ち、意外なほど好相性。そこにグラニュー糖とレモン果汁で、シンプルな味つけに。

傷がついたり不ぞろいな規格外品のトマトを使って作られています。

今までのトマトゼリーは、さっぱり感が前面に出た「スイーツのような野菜のおかず」的なものが多いと思っていましたが、これはしっかり「スイーツ」だと感じられる一品です。甘ったるさは全くなく、爽やかなのに、甘い!

さて、こちらは冷凍便で届いたら、食べたい分だけ冷蔵庫へ。数時間後、半解凍の状態で食べるのが一番のおすすめです。

凍らせたままのトマトゼリーにご家庭のレモンを搾って。よりひんやり、よりさっぱりのクールなおいしさがお楽しみいただけます。

舌に乗せたときの甘さに、ゼリーのぷるんとした食感とシャーベットのような食感。そして、すっとした口どけがたまりません。解凍の加減はお好みで。凍ったままでも、すっかり解凍しても、おいしくし上がれます。

ベースとなるやわらかなゼリーの中に歯ごたえのある角切りのゼリーが入っていて、一口ごとにいろいろな食感を楽しめるのも嬉しさのひとつ。そして、一個当たり90gという手ごろなサイズも魅力です。

フローズントマトゼリーの生みの親、渡辺登美子さん。

この季節にぴったりのフローズンゼリー、ぜひお試しください!

この商品を購入する
バイヤー松田 智華

「家庭画報のデリシャス宅配便」に熱烈な愛情を注ぐ食品担当。
パイナップルが大好きな晴れ女、でも超インドア派。
ラーメンにはたまご、カレーにはチーズをトッピングします。
美味しさと楽しさをお届けするために日々奮闘中!

読みもの一覧へ