食べてほしい!この逸品 | おいしい素材をそのままおいしく。

前のページに戻る

食べてほしい!この逸品

おいしい素材をそのままおいしく。

  • 2017/10/31

じゃがいもザクザク、人参サクサク、ごぼうサクサク、枝豆ポリポリに栗んとう……。素材と仕上がり、食べ心地までをストレートに商品名にしたおやつには、なんというか嘘がない。

今回ご紹介するこれらの商品、じゃがいもザクザクは、品種特性で小ぶりなじゃがいもが特殊なフライ製法で丸ごと揚げてあって、食べるとザクザクと音がしておいしい。ほかも同様。人参とごぼうはサクサクするし、枝豆なんかポリポリでさらに味わい深い。

「野菜そのままスナック」上から時計回りに じゃがいも、ごぼう、枝豆、人参

栗んとうに至っては、栗の風味が漂ってくるかりんとうになっている。

味つけが塩だけのじゃがいもや人参などの4種の野菜スナック(人参は塩すら使っていない)は、北海道産で主として地元の野菜を使用し、栗んとうも名栗で知られる熊本の山江村産。

地元の素材、地元ならではの製造法がそのままアドバンテージになっている。

そして、誤解を恐れずに言うなら、どれも思いきり素材そのものの味がする。これが一つ食べ始めると、やめられなくなる。素材そのものがおいしいからなのだと思う。加工が最小限で、余分なものを極力使っていないこともあると思う。

そうした技の部分と併せて、技術的にはほぼあらゆる仕掛けが可能なのに、あえてこういうシンプルなものを作ろうと思い立った志の高さが凄いのだと思う。

素材のおいしさをそのまま味わってほしい。そんな作り手のメッセージに耳を傾けつつ、ザクザク、ポリポリいただきたい。

今回ご紹介した商品はこちら
バイヤー堺谷 徹宏

食品担当。
美味あるところどこにでも行くフットワークが身上。
担当カタログは「家庭画報のデリシャス宅配便」。
日本一の食品お取り寄せ通販をめざす56歳。
でも芋焼酎が好き、ラーメンはもっと好き……。

読みもの一覧へ