食べてほしい!この逸品 | 懐かしくて新しい「シースクリーム」の巻

前のページに戻る

食べてほしい!この逸品

懐かしくて新しい「シースクリーム」の巻

  • 2017/11/8

先月よりスタートしております『デリシャス宅配便 2017年冬号』。

冬号はおせち料理をはじめ、えびやかに、いくらにローストビーフなどのごちそうが盛りだくさんですが、おやつのページも充実しています。

中でもイチオシなのが「梅月堂 2色のシースクリーム」。

長崎県の洋菓子店「梅月堂」自慢のレトロスイーツであるシースクリームは、長崎市民ならば誰もが知っているけれど、市外の人はほとんど知らないという、まさに“知る人ぞ知る”スイーツです。

地元長崎では「シースケーキ」とも呼ばれていて、スポンジでカスタードクリームを挟んでいるのと、黄桃とパイナップルのシロップ煮がトッピングされているのが特徴です。これは、梅月堂が、当時比較的手に入りやすかった材料でおいしいケーキを販売したいという気持ちの現れ。現在にもその気持ちは受け継がれています。

私がこのシースクリームを知ったきっかけは、数年前に偶然見た2時間ドラマ。長崎県が舞台のサスペンスでしたが、そこに出てきたシースクリームがおいしそうでおいしそうで、思わずお取り寄せしてしまったほど。なので時がたった今、『デリシャス宅配便』でみなさまにシースクリームをお届けできるのが嬉しくて仕方ないのです。

ということで、実際の「梅月堂 2色のシースクリーム」をここでご紹介します!

「梅月堂 2色のシースクリーム」はこのようなパッケージで届きます。

レトロでかわいいスリーブ。開けるのが楽しみです。

スリーブを外すとふたつの箱が。その中には……!?

食べやすく、おひとりサイズにカットされたシースクリーム!

プレーンとチョコ味と5つずつ、きれいに入っています。

生クリームもチョコクリームもなめらかで本当においしそうです。黄桃とパイナップルのトッピングも懐かしさ満点。

食べたい分だけ、冷蔵庫で解凍します。フルーツが完全に溶けきる前のちょっとシャリシャリの状態で食べるのも良いですが、先ずは完全に解凍してみましょう。

解凍すると、桃がツヤツヤ!!ふんわりしたスポンジにはカスタードクリームが挟まっています。

編集長はプレーンのシースクリームがお気に入り。ふんわりと口どけのよいスポンジにたっぷりとクリームをのせて、おいしそうに食べていました。

私はチョコ味の「シースショコラ」をいただきます。クーベルチュールチョコレートを使用したガナッシュクリームは、ちょっぴりほろ苦い大人の味。チョコスポンジにサンドされたカスタードクリームが甘くてほっとします。大好きなパイナップルは最後のお楽しみ。

プレーンのシースクリームも、シースショコラも、シンプルで飽きのこないおいしさです。軽めの仕上がりなので、お食事のあとのデザートとしてもぺろりといけそう。もちろん、ティータイムにもおすすめです。コーヒーも良いですが、熱い紅茶とよく合います。 長崎県の老舗よりお届けする2色のシースクリームは、おもてなしや贈りものにもぴったり!

この冬の「ごちそうおやつ」に、ぜひお試しくださいね。

この商品を購入する
バイヤー松田 智華

「家庭画報のデリシャス宅配便」に熱烈な愛情を注ぐ食品担当。
パイナップルが大好きな晴れ女、でも超インドア派。
ラーメンにはたまご、カレーにはチーズをトッピングします。
美味しさと楽しさをお届けするために日々奮闘中!

読みもの一覧へ