食べてほしい!この逸品 | 今こそ食べたい「米沢牛のハッシュドビーフ」の巻

緊急告知 送料無料キャンペーン開催 7月23日〜25日まで限定
前のページに戻る

食べてほしい!この逸品

今こそ食べたい「米沢牛のハッシュドビーフ」の巻

  • 2018/1/5

今月からスタートしております『デリシャス宅配便 2018年新春号web版』。
新しい商品がたくさんあって、画面を見ているだけでお腹が空いてきてしまいそうです。新商品のほかにも、今までご紹介した商品からとくにおすすめの商品もご紹介しています。

わたしがみなさまにおすすめしたいのは、何といっても「米沢牛のハッシュドビーフ」! 6袋で8,856円(税込)とちょっぴり贅沢なお値段ですが、ご自宅で簡単にごちそうが味わえると思うとご納得いただけるはず……と、ここで改めてご紹介します。

こちらが「米沢牛のハッシュドビーフ」。山形県の食材を吟味したものづくりで定評のある「喜久一本舗」の商品です。1袋は220gとずっしり。シンプルなパッケージからは実直さが感じられます。

巻紙を外して、冷凍のまま湯煎すること約15分。15分と言うとなかなか長く感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、お待ちの間にサラダなどの準備ができます。わたしは卵をゆでたり、炊いておいたごはんを温めたりしていました。

盛り付けるとデミグラスソースのいい香り! まるで自宅の台所がレストランのキッチンになったようです。
さらに、マッシュルームの大きさに驚きます。これは山形県産の舟形マッシュルーム。本来はもっと大ぶりのものが好まれるそうですが、あえて小ぶりなものを選んで、カットせずに使用しています。まるごとのマッシュルームのぷりぷりした食感に、デミグラスソースがたっぷりと絡んで、これだけでも絶品です。きのこ好きの方、ぜひご注目ください。

一口食べようとすると「どこをスプーンで持ち上げてもお肉が入ってくる」と言っても過言ではないくらいたっぷりのお肉が。

さすが米沢牛!とため息が出そうなほど、食感も程よく、それでいて重たすぎもせず、食べ応え十分です。ハッシュドビーフの隠れた主役の玉ねぎも、煮崩れることなくしっかりしているのもうれしいポイント。

ゆっくり味わって食べよう!と心に決めたはずなのに、あまりのおいしさにスプーンが止まらず、ペロッと完食してしまいました。

湯煎にかける前はちょっと多いかな?と思いましたが、意外にも重たさがないので、もうちょっと食べたくなってしまうほど。でも、それぐらいが丁度いいんですよね。

今回はシンプルに味わいたかったので、ごはんとゆでたまご以外は何も用意しませんでしたが、ごはんをバターライスにしたり、チーズやレーズン、ナッツなどをのせたりしてもおいしいです。そして、ごちそう気分を高めるために赤ワインなども合わせるのも◎です。

おせち料理やお餅など、新春ならではのおいしさもたくさんありますが、定番の美味もぜひお楽しみください。

2018デリシャス宅配便 アンコールグルメはこちら

この商品を購入する
バイヤー松田 智華

「家庭画報のデリシャス宅配便」に熱烈な愛情を注ぐ食品担当。
パイナップルが大好きな晴れ女、でも超インドア派。
ラーメンにはたまご、カレーにはチーズをトッピングします。
美味しさと楽しさをお届けするために日々奮闘中!

読みもの一覧へ