食べてほしい!この逸品 |ヘルシーなのに大満足!「豆富屋さんのうの花こんにゃく」

前のページに戻る

食べてほしい!この逸品

ヘルシーなのに大満足!「豆富屋さんのうの花こんにゃく」

  • 2018/5/15

みなさま、こんにちは!
今月も、期待の新商品がもりだくさんですね。
その中から、暑い季節をよりヘルシーに楽しめる「豆富屋さんのうの花こんにゃく」をご紹介いたします。

レシピはパッケージのQRコードからも見ることができます。

「うの花こんにゃく」ときいて、私はこんにゃくの白和えを想像してしまいましたが、実物はまったくの別物。大豆を釜炊きして絞った生おからと、こんにゃく芋を乾燥、製粉したこんにゃく粉を混ぜて、凝固剤とぬるま湯を加えて、食べやすくミンチ状にしたものです。
大正12年に創業した茨城県の豆腐屋さん「小沢食品」さんが作っており、材料はすべて茨城県産。100グラムあたりのカロリーは豚挽き肉の約8分の1、食物繊維量はごぼうの約1.3倍というから驚きです。

箱の中には、200グラム入りのうの花こんにゃくが6袋と、レシピ集が入っています。
こういった商品は、どんな料理にすればいいのか想像もつかずに持て余してしまうことが多いのですが、レシピを見ると、私にもできそうなほど簡単でおいしそうなメニューがたくさん。袋の中身は、というと、見た感じは鶏そぼろのようです。冷蔵庫の中身を思い出し、今回はサラダを作ってみようと思います。

全21品と盛りだくさんなレシピ集。

中身はこのような感じ。見た目はそぼろにそっくりです。

サラダの材料はこちら。
・うの花こんにゃく 1袋(200グラム)→水気を切ってほぐす
・きゅうり 1本→縦に四等分して、食べやすい厚さに切る
・ミニトマト 5個ぐらい→ヘタをとって半分に切る
・ツナ缶 1缶→軽く汁気を切ってほぐす
・オリーブオイル、塩、胡椒 適量
これらをボウルに入れて、まぜるだけ!仕上げにパセリをぱらり。10分ほどで、オシャレなサラダの出来上がりです。

わたしは密閉容器に作り置きをして、お弁当にしていますが、食べていて意外なほど満足感があります。我慢してヘルシーなものを食べている、という感じがしないのはとてもうれしいポイントです。
(注:商品についているレシピには、「タブレ風サラダ」として、もっと丁寧なレシピが載っています)

サラダにゆでたまごを添えて、パンとチーズと一緒に。腹持ちもよかったです。

作る前に、うの花こんにゃくをそのままで一口味見してみました。いい意味で味も香りもないのが特徴。歯ごたえが意外とあるので、味のない鶏そぼろのようです。なので、今回のサラダのようにさっぱりした味つけもよし、麻婆豆腐や担々麺などでひき肉の代わりに使うもよし。しっかりと水気を切って、濃い目に味つけするのが個人的なおすすめです。どうやらスイーツにもアレンジできるみたいなので、私も今後チャレンジしてみようと思っています。

みなさまもぜひ、「お豆富屋さんのうの花こんにゃく」をいろいろなお料理でお楽しみください!

この商品を購入する
バイヤー松田 智華

「家庭画報のデリシャス宅配便」に熱烈な愛情を注ぐ食品担当。
パイナップルが大好きな晴れ女、でも超インドア派。
ラーメンにはたまご、カレーにはチーズをトッピングします。
美味しさと楽しさをお届けするために日々奮闘中!

読みもの一覧へ