ファッションバイヤーの「PREMIER」通信|ユニークなデザインを狙い撃ち【後編】

前のページに戻る

ファッションバイヤーの「PREMIER」通信

ユニークなデザインを狙い撃ち【後編】

  • 2018/5/25
  • こんにちは、バイヤー番園です。
    身につける物が軽く少なくなる夏、1枚でもどこかにユニークなアクセントがあるアイテムがお洒落を救うとご紹介してきたテーマ。前回に引き続き、おすすめを披露させていただきますよ。。

     

    今回のひとつめは、ニットです。

  • 左:イエロー系 右:ブルー系

  • 夏に似合う陽気な色を集めたボーダー柄はさることながら、このニットが優秀なのは、ふわりと涼やかな動きや風通しのよい立体的なシルエットを作り出している編みの技術! よくご覧いただくと、ニットの増やし目減らし目がとにかく計算し尽くされていて、小さなギャザーを寄せたように凹凸のある表情をしております。これがのっぺりとせず、カジュアルすぎず、クチュール的な雰囲気を漂わせる一因です。

    また、しなやかな動きになるようアウターの前身ごろはサーキュラースカートのように円形に、肩はフィットするよう丸みを持たせ、袖はスマートにリブ編みっぽく、と、編みの技術を駆使。このデザインにより、麗しのニットスタイルが完成しております。

     

    次はリネンのパンツです。

  • 左:セージグリーン 中:ホワイト 右:ネイビー

  • 写真でもおわかりの通り、一見するとスカートのように見えるデザインです。歩くたびに裾の揺れる様子はスカートのエレガントさ、そこにパンツの軽快さも併せ持つのがいいところ。パンツですから広がりすぎず、リネンのパリッとした素材感とも似合います。

    フロントのプリーツの構成は、ちょうど殿方の袴のよう。スカートにはない魅力、シンプルなパンツにはない魅力、どちらも兼ね備えております。

    共布のベルト付きですので、トップスをインにしても軽やかな着こなしに。。

     

    そして、最後はプリントのセットアップ。

  • 右:BACK

  • コロニアルな雰囲気のプリントは、あえて夏の街で装うほどにリラックスムードが漂って素敵です。
    こちらのトップスは前後のウエスト位置にボタンを配したデザイン。後ろのボタンを留めるとコンシャスなシルエットに、留めずにお召しになると、ボックス形のシルエットになります。ほんのちょっとしたことですが、全体のシルエットが変わると印象も違います。

    ディナーにはコンシャスなシルエットで、ショッピングには寛いだボックスシルエットでとシーンに合わせることも可能。さらには単品でお使いになるときも、ボトムとのバランスを調整しやすくなります。夏ならではのプリントですから、多くのシーンでぜひに。

    巷では、ベーシックなデザインが重宝と言われて久しいですが、私は、それだけではお洒落はつまらないと思うのです。やはり、ちょっと洒落ていて、着る愉しさがなければ、と。だからこそ、夏はユニークなデザインを。みなさまの夏が楽しくなりますように!

動画で解説

ユニークなデザインを狙い撃ち【後編】|【特選ファッション PREMIER 2018夏号】

この商品の詳細はこちら
バイヤー番園 智子

アパレルメーカーでの経験を生かし、主に『特選ファッション プルミエ』カタログを担当。お客様に喜んでいただけることを目標に、“上質で上品に”を心掛けながら商品作りを行う日々。素材には特にこだわり、素敵な素材を求めて生地の展示会にも足繁く通っています。

読みもの一覧へ