ファッションバイヤーの「PREMIER」通信|ロマンティックが止まらない!

前のページに戻る

ロマンティックが止まらない!

ファッションバイヤーの「PREMIER」通信

  • 2018
    10/30
  • 年末に向けて、街にイルミネーションが灯り始めると、なんだかちょっとロマンティックな気持ちになります。働くバイヤー番園だって、暗くなり始める帰宅時、温かい照明にホッと癒されたりしております。

    いつもはベーシックスタイルがお好きな方も、粋でクールな装いをお好みの方も、心の底にある乙女チックな気持ちに気づいたりいたしませんか。そうなんです、今の気分は、ロマンティックが止まらない! ちょっと甘いディテールにも挑戦する好機です。

    華やかな席にもぴったりのレース刺繍のジャケットは、今季、いつにも増してロマンティックな仕上がりです。

    レース刺繍のモチーフはお花! 一重の部分は透け感を、ダブルに重ねた部分は花びらが浮き立つように立体的にしてボリュームを出しております。

    前立てから裾にかけては、ちょうどお花を連ねるようにしてスカラップ風に。ですから、シルバーに輝く、ゴージャスなお花畑を身に纏う感覚です。大人の迫力がありながら、女らしいロマンティックさも漂うジャケットは、お呼ばれにぴったり。シワにもなりづらいので、旅先での宴にもどうぞ。

    もう少しアクティブにという方には、オーガンジーのブルゾンをおすすめします。

    なんと、透けるオーガンジーにコットンの花刺繍を散りばめているんです。

    ブルゾンを着るというより、イメージは花の刺繍のヴェールをかける感じです。ベースの生地が透けているので、花の刺繍がより際立って、なんとも愛らしい。写真で着用しているように同色のインナーに合わせて刺繍を溶け込ませるようにしても、逆にブラックなどダークカラーのインナーを合わせて刺繍の存在感を高めても素敵です。袖口や裾はシャーリングですので、ブルゾンとは言えスポーティになりすぎないのもいいところ。ワンピースの上に重ねても可愛いです。秋冬春と長い期間愉しめて、着ればたちまちロマンティックになれる1着は、装いに変化をつけたいときに重宝です。

    そして、ちょっと面白い小物もあります。それがネックベントです。

    こちらは京都の付け襟専門店から取り寄せた一品。首元にパッとお花が咲きます。特殊なワイヤー糸で作られたお花は花びら1枚1枚を自由に動かすことができるので、ちょっとボリュームを持たせたり、広げたりと、お好みのバランスで。首に掛けるワイヤー紐は取り外し式で、本体にはクリップ留めもあります。首はもちろんのこと、たとえば手首にぐるりと巻いたり、コサージュのようにコートの襟に留めたり、さらにはヘアアクセサリーにもなります。ハンドメイドの優しい雰囲気漂う花モチーフは、どこに飾っても、大人のロマンティックそのものです。

    さらにはレースのグローブで手元をロマンティックに彩るのはいかがでしょう。

    コートやジャケットの袖口からちらりと見せたり、ニットの袖を少したくし上げてグローブとコーディネートするのも優雅です。

    ロング丈とショート丈、それぞれ手元が繊細に見えるように計算されたレースを使っております。防寒ではなくお洒落のためのグローブですから、屋内でもそのままお召しになれます。手元を飾るレースのおかげで、身のこなしもエレガントになりますよね。大きな声では言えませんが、肌荒れがきになるわ、というときにも心強い味方に。冬のドレスアップシーンだけでなく、オールシーズン活躍します。

    お花やレースを身に纏うと、気持ちまで優雅になります。そうすると、見るものまでいっそう綺麗に感じたり、人にも優しくなれたりします。これ、ロマンティック効果ですよね。

バイヤー番園 智子

アパレルメーカーでの経験を生かし、主に『特選ファッション プルミエ』カタログを担当。お客様に喜んでいただけることを目標に、“上質で上品に”を心掛けながら商品作りを行う日々。素材には特にこだわり、素敵な素材を求めて生地の展示会にも足繁く通っています。

読みもの一覧へ