ファッションバイヤーの「PREMIER」通信|年末年始は“煌めき”小物をどうぞ

前のページに戻る

年末年始は“煌めき”小物をどうぞ

ファッションバイヤーの「PREMIER」通信

  • 2018
    11/9
  • こんにちは、バイヤー番園でございます。もう平成30年もあと2か月。本当に月日の流れるのは早いものです。

    そして、これからの季節、お洒落な皆様は、年末年始のパーティや観劇など、集いの席へのお出掛けが多くなる事と思います。TPOの境界線がかなり薄れ、あらゆる場所でカジュアルな装いが許される昨今ですが、やはり、せっかくのお洒落を愉しむ機会です。いつもと少し差のつく華やぎを添えたいことと思います。

    そこで頼りになるのが、ほんの少し“華”をプラスする小物です。今は、頑張り過ぎたドレスアップは粋に見えないもの。さりげなく、軽やかに、1点だけ“煌めき”を足すのがおすすめなのです。

    今回、心を奪われたのが、蒔絵細工の美しいブローチ。伝統工芸の蒔絵をほんの少しモダンにアレンジしています。

    上:ロータススクエアブローチ 左:アラベスクゴールドブローチ 下:ポピーブローチ  右:ロータスブルームブローチ

    4種類とも最大約4センチ弱の小さなブローチなので、ジャケットの襟やニットの胸元に愛らしく華を添えてくれます。小さいけれど、その細工の美しさは視線を集めること間違いありません。白蝶貝や黒蝶貝、夜光貝など天然素材を組み合わせた煌きは、なんとも言えず上品。24金の蒔絵による深みのある金色が上品に存在感を主張します。和の伝統でありながら、どこかアール・デコのような気配もあります。4点とも、ペンダントトップにする金具も付いておりますので、お手持ちのチェーンでネックレスにすることもできます。

    そして、大変華やかなパールネックレスもございます。

    特徴は、何と言っても繊細なグラデーション。5つの真珠は少しずつゴールドカラーが濃くなり、しかもサイズも少しずつ大きくなります。色もサイズも、この微差で連ねることができるのは、まさに奇跡。南洋真珠を数多く扱う目利きだからこそ可能にしたデザインです。ホワイトゴールドのチェーン自体もカットが綺麗で光を乱反射させ、煌きます。いつものワンピースも、いつものブラウスも、これひとつで華やかな印象となります。

    また、今年らしい“華”と言えば、イヤリングがおすすめです。

    左:ブラック 右:ホワイト

    多数のクリスタルガラスで縁取った、クラシックでエレガントなデザインは、冬のパーティシーンにぴったり。大振りのサイズは、表情をたちまちドラマティックに演出します。どちらもモノトーンですので、合わせる服を選ばず、着こなしにアクセントを与えてくれます。特に、レストランなど着席の場では、お顔まわりを華やかにするのが最も効果的。ワンピースはもちろんですが、例えばカジュアルなディナーでも、ニットにこのイヤリングを合わせると、さり気ないお洒落が完成します。

    最後におすすめしたいのが、立食パーティなど、立ち姿を華やかに彩ってくれるバッグです。

    ボール状のバッグはミラーボールのようにビジューが輝き、まるで持つアクセサリー。その愛らしさと輝きに気分が高揚いたします。容量はかなり小さめですがお許しください。円形のハンドルはブレスレットのように手を通していただいても素敵です。

    ブローチ、ネックレス、イヤリング、バッグ……。お気に召した“艶めき”でお洒落を楽しんでいただければ幸いです。

バイヤー番園 智子

アパレルメーカーでの経験を生かし、ファッションアイテムを担当。お客様に喜んでいただけることを目標に、 “上質で上品に”を心掛けながら商品作りを行う日々。素材には特にこだわり、素敵な素材を求めて生地の展示会にも足繁く通っています。

読みもの一覧へ