閉じる

menu

鯉のぼり二間ものセット
  • 鯉のぼり二間ものセット
  • 鯉のぼり二間ものセット
  • 鯉のぼり二間ものセット

鯉のぼり二間ものセット

伝統の染めの技法を現代に。力強く大胆な色彩の鯉のぼり

299,200 (税込)

販売中
  • のし不可
  • 包装不可
  • 代引不可
  • 直送
  • 受注生産

数量

カートに入れる

お気に入りに登録

特記事項

関連キーワード

商品説明

通称「郡上八幡」として知られる岐阜県の郡上市八幡町。江戸時代から城下町として栄えた街並みには、清流吉田川とその水路が縦横に張り巡らされ、森と水の街を形づくってきました。その郡上八幡に江戸時代から受け継がれる伝統工芸が「郡上本染」。現在もタデ科の藍草を用いた正藍本染を生業とするのが、創業から約430年余という「紺屋」渡辺染物店。その渡辺染物店を代表する工芸品のひとつが、力強く大胆な色彩が特徴の鯉のぼりです。
伝統の技を継承した先代の渡辺庄吉さんから当代に伝わる鯉のぼり作りの技法は、白木綿生地に防染のための輪郭を餅糊で描くことから始まります。次に大豆の搾り汁(呉汁)で練り溶かした顔料で一色ずつ着色。これは「カチン染」と呼ばれ、その後、厳寒期に吉田川で糊を洗い流す「寒ざらし」の作業へ。この寒ざらしを行うことで生地が引き締まり、鮮やかな鯉のぼりの色彩が浮かび上がります。

詳細

●材質 生地:綿100% 矢車:金属 樹脂 ●サイズ(約) 真鯉(黒):360cm 緋鯉(赤):280cm 小鯉(青):180cm 吹き流し:360cm パッケージ:幅52×奥行52×高さ12cm ●重さ(約) 6.8kg ●付属品 矢車 ロープ ●日本製 *ポールは別途ご用意ください。*手作りのため、サイズは多少異なることがあります。

お問い合わせはこちら

  • line
  • instagram