閉じる

メニュー

    長久保の漬物詰合せ 技(わざ)
    • 軽減税率
    • 長久保の漬物詰合せ 技(わざ)

    長久保の漬物詰合せ 技(わざ)

    福島名物「しそ巻」をはじめとした
    手作り漬物の詰合せです

    5,940 (税込・送料込)

    / 獲得予定 55 ポイント

    ポイントについて 詳しくはこちら >>

    商品レビュー1件につき100ポイントプレゼント!

    ぜひ、皆様のご感想をお聞かせください。
    商品レビューについて 詳しくはこちら >>

    販売中
    お届け日目安 2024年05月26日以降
    ※地域・商品によってお届けが前後する場合があります。
    • 送料込
    • 常温
    • 返品不可
    • ヤマト
      産直

    数量

    カートに入れる

    お気に入りに登録

    特記事項

    商品説明

    7種類8袋の漬物の詰合せ商品です。長久保食品は、1934年より福島県いわき市で漬物製造をしています。創業者の長久保ツネさんは、小さなお店を営む傍ら漬物作りを開始。沢庵漬やきゅうり漬などを作り、自ら店頭で売っていました。その後「もっと美味しい漬物を作りたい」との思いから、沢庵を細く刻みしそを巻いて作ったのが「長久保のしそ巻」の始まりです。「長久保のしそ巻」の原料の大根は、秋に収穫したものを自然に黄色くなるまで1年間じっくり漬け込み、一本一本丁寧に手巻きをしています。創業当初から基本的な作り方は変わっておりません。いわき市好間町は以前は炭鉱で栄えた町でした。今では考えられませんが、炭鉱で働く方々はいかに効率よく塩分を摂るかが重要でした。そのため食卓には美味しくご飯を食べられる塩分の高いおかずがあり、「長久保のしそ巻」はいつも中心にありました。そういった地元の炭鉱で働く方々を中心に支持されて徐々にお客様が増え、二代目の時代には漬物専業メーカーになりました。昭和40年代には炭鉱が閉山になり、炭鉱で働いていた人々は職を求めて全国各地へ移り住みました。その方々が年に数回、実家のいわき市に帰られたとき、「長久保のしそ巻」をたくさん買いご近所の方へ配ることで、次第に地元の名物として認知されました。
    >>同シリーズ「 長久保の漬物詰合せ 匠(たくみ) 」・「 長久保の漬物詰合せ 技(わざ) 」・「 長久保の漬物詰合せ 彩(いろどり) 」の3種類をご用意しております。 商品一覧 はこちら
    バイヤー推し!WEB限定商品>> 掲載

    詳細

    ●長久保のしそ巻40本×2 きゅうりの華、根菜漬、末広漬、割干大根昆布漬、甘露桃、きゅうりの味噌漬×各1 ●大根、きゅうり、若桃:国産 ●賞味期間:常温保存90日間 ●製造地:福島県いわき市 ●特定原材料8品目:小麦・乳

    お問い合わせはこちら >>

    • line
    • instagram

    今、人気の特集から探す