閉じる

メニュー

無題ドキュメント

有職彩色絵師・林 美木子さんの織りなす世界 有職彩色絵師・林 美木子さんの織りなす世界

うっとりするほど細やかに描写された『源氏物語五十四帖』の世界

宮廷文化を今に伝える唯一無二の芸術作品として評価の高い林 美木子さんの貝合。平安貴族が織りなす美しき王朝のかたちを表現しています。
1対の小さな貝殻に『源氏物語五十四帖』の登場人物を一巻ごと描写しました。宮廷や光源氏、彼を取り巻く姫たちの人生模様までもが、精緻な筆致と優美な色彩によって表現されています。

+ 「源氏貝桶五十四帖貝覆一揃い」の画像をすべて見る
商品一覧はこちら 商品一覧はこちら

伝統を未来へ 伝統を未来へ

林美木子さん

重要無形文化財『桐塑(とうそ)人形』保持者(人間国宝)である父・林駒夫に師事。有職彩色絵師として、平安時代に宮中を彩った有職の美を、細部に至るまで徹底して研究し、伝統的な有職の貝桶、貝覆、檜扇をはじめ、有職大和絵による板絵などの作品を世に生み出しています。「時代と作者が絵に表れないこと」を本分とする林美木子さんの卓越した技術と研ぎ澄まされた感覚で作り上げた逸品をご堪能ください。

有職彩色絵師・林美木子(はやしみきこ)

1966年、京都に生まれる。1984年、京都市立銅駝美術工芸高等学校日本画科卒業。1986年、京都芸術短期大学日本画コース卒業。翌年より丸平大木人形店で人形彩色絵師の仕事を始める。現在は、有職彩色絵師として、個展やグループ展を中心に幅広く活動。2018年「ブルガリアウローラアワード2018」を受賞。著書に『坂東玉三郎の歌舞伎ぬりえ』(坂東玉三郎共著・小学館)、『王朝のかたち』(猪熊兼樹共著・淡交社刊)がある。

  • 雛道具に欠かせない「貝合」

    「貝合(かいあわせ)」は「貝覆(かいおおい)」とも言い、内面に絵を描いた蛤の貝殻を伏せて対となる貝を探す宮中の遊びで、かるたのもととなったものとされています。蛤は上下の貝殻が対でなければ合わないことから良縁や夫婦和合の象徴とされ、女性の幸せを願う雛道具として飾られるようになりました。

  • 金箔を贅沢に使い描いた亀甲形の貝桶

    貝桶は2つあり、1対の貝を1枚ずつ分けて収めます。両面に『源氏物語』の四季の場面を丁寧に表し、一面に本金箔を貼った豪華絢爛な細密画です。八角形のふたの天面にも『源氏物語』の精密な描写が。貝桶の紐は特別な結びのため、解かずにそのままの状態で装飾品としてお使いください。

  • 今日の雅を写した「彩色絵」の魅力

    平安京に宮廷があったころの皇族や貴族たちが営んでいた優雅な生活を題材とする「彩色絵」。金箔を貼った貝の内面に岩絵の具を用いて色彩豊かに描き上げた貝合は気品に満ち、表情や衣服の美しさまでもが精密に表現されています。また、貝合の香合には胡粉を盛り固めて菊を表す宮廷人好みの菊置上(きくおきあげ)の手法を。今の時代にも感動を呼ぶ雅な王朝世界をお楽しみいただけます。

蛤

貝殻について

外面もひとつひとつ丁寧に磨きあげた蛤。
殻が大きく、形・色も美しい桑名産蛤を、作品ごとにすべてサイズを厳選して揃えています。

【有職彩色絵師・林 美木子さんの織りなす世界 ~ 源氏貝桶 五十四帖貝覆 一揃い ~】ランキング

  • 検索条件に一致する商品はありません。

商品カテゴリー