閉じる

menu

端午の節句 尚武飾り
  • 端午の節句 尚武飾り
  • 端午の節句 尚武飾り
  • 端午の節句 尚武飾り
  • New

端午の節句 尚武飾り

故事に基づく折形や伊賀組紐で清々しくモダンな飾り物に

15,400 (税込)

残りわずか

数量

カートに入れる

お気に入りに登録

特記事項

関連キーワード

商品説明

端午の節句のころに育つ菖蒲や蓬の葉は強い香気をもち、魔を祓い清める力があると信じられたとか。鎌倉時代には「菖蒲」が「尚武」に通じるという縁起から、その後、端午の節句は男の子を祝う日になってきました。尚武飾りは、江戸時代から伝わる具足(甲冑や鎧、兜)をモチーフとした折形で、そこに手仕事による造花の菖蒲と蓬を添え、紫・緑・白3色の伊賀組紐を淡路結びにし、房を長く垂らしました。子どもたちの健やかな成長を願う、モダンで清々しい形の飾り物です。

詳細

【限定数:50個】
●材質 具足飾りの折形:新檀紙 造花:和紙 組紐:絹100% 箱:桐  ●サイズ(約) 幅12.5×奥行8×長さ80.5cm ●重さ(約) 60g ●日本製

お問い合わせはこちら

  • line
  • instagram