閉じる

メニュー

ぎょうざ処 亮昌(すけまさ)の餃子
  • ぎょうざ処 亮昌(すけまさ)の餃子
  • ぎょうざ処 亮昌(すけまさ)の餃子
  • ぎょうざ処 亮昌(すけまさ)の餃子
  • 軽減税率

ぎょうざ処 亮昌(すけまさ)の餃子

京都発・野菜たっぷり
かつおだしベースのはんなり和ぎょうざ

3,996 (税込)

販売中
  • 冷凍
  • のし不可
  • 包装不可
  • 返品不可
  • ヤマト
    産直
  • 1組で
    都度送料
  • ぎょうざ処 亮昌(すけまさ)の餃子

数量

カートに入れる

お気に入りに登録

特記事項

商品説明

国民食ともいえるほど日常食になっている餃子。スタミナ派、さっぱり派、あるいはひと口派、羽根つきが好きなどそれぞれお好みもあると思います。私もご多分に漏れず餃子好き。最近ハマっているのが京都産の材料にこだわった京都生まれの餃子です。
「 餃子は実はキャベツを食べる料理なんだ」と、ある餃子店取材の際に聞いたことがあります。この亮昌の餃子は京都市長賞受賞の伏見・中嶋農園のキャベツを中心に九条ねぎ専門の栽培業者から仕入れた九条ねぎ、もっちりした質感の霜降り豚、京の都 もち豚を合わせたもの。ここに京都の名だたる料亭御用達の山利さんの田舎味噌とかつおだしが隠し味となり、口に入れると野菜の甘みがあふれ出します。皮はつるっと、さっぱり優しい味わいで、いくらでも食べられてしまうほど。正直、自分でも恐くなります。まずはタレをつけずに召し上がってみてください。上品なおいしさに驚かれることでしょう。

パンダ社長のイチ押し!
文:中澤パンダ社長/月刊誌『家庭画報』編集部の料理班を率いること約20年。長年培った「おいしいものを見つける」人脈と嗅覚で「家庭画報ショッピングサロン」の運営会社の代表取締役社長に就任。好きな食べものは、海老、かに、うに、いくら。パンダをこよなく愛す。


【家庭画報のお買いもの「デリシャスごちそう便」2022夏の特別号】>>  P.24掲載(*カタログ有効期限2022年8月31日まで)

詳細

●1パック20個入り×2 特製タレ1個3ml×2 ●小麦粉:国内製造 キャベツ:京都府産 玉ねぎ:国産  ●賞味期間:冷凍保存60日間 ●製造地:京都府 ●特定原材料7品目:小麦

― 原材料 ―
<皮>小麦粉(国内製造)、還元水飴、植物油
<具>野菜(キャベツ、玉葱、葱、生姜、ニンニク)、豚肉、和風だし(宗田鰹、うるめ、鯖、酵母エキス、鰹エキス、昆布エキス)、醤油、酒、味噌、砂糖、麦芽糖、胡椒、食塩、ゼラチン、寒天、粉あめ
<タレ>醤油、酢、酒精、ソルビット、増粘多糖類、乳化剤、調味料(アミノ酸等)、乳酸、糊料(キサンタンガム)、甘味料(ステビア、甘草)、ビタミンB1(原材料の一部に小麦・大豆・豚肉・鯖・ゼラチンを含む)

お問い合わせはこちら >>

  • line
  • instagram